【海外の反応】BAND-MAID全米ツアーでの海外ファンのリアクション[後半]2022

“おかえりなさいませ、ご主人さま、お姫さま”

国内外で大人気のメイド姿のハードロックバンド「バンドメイド」が2022年10月9日のAFTERSHOCK FESTIVALを皮切りにUSツアーを開催し無事に公演を終えました。

諸事情により急遽ライブに行けなかったファン、コンサートを数カ所追いかけるファン、次は自分の国でのコンサートを待ち望んでいるファン達がファンカムにたくさんコメントを寄せていたリアクションを「前半」「後半」に分けてまとめました。

AFTERSHOCK FESTIVAL2022の様子はコチラ
▶︎BAND-MAID「Aftershockのライブ映像キターーー!!!」2022
BAND-MAID全米ツアー[前半]
▶︎BAND-MAID全米ツアーでの海外ファンのリアクション[前半]2022

ヒューストン「HOUSE OF BLUES」2022.10.22


実は、私はメイドさんに出会うまでファンカムに反対でした…。

でも今はファンカムがあるとコンサートに行きたくなるし、CDやグッズを買ってメイドさんをもっと応援したくなるから賛成です。

こんなことを考えるようになるとは思ってもみませんでした。
アップロード、本当にありがとうございました。


↑ 良いファンカムはバンドにとって素晴らしい宣伝になります。

ビデオを撮る人が他の人の邪魔をしたり、視界を遮ったりしない限り、そしてプロ機材を持ち込まない限り(プロ撮影はオフィシャルな目的でのみ)すべて良しです。


Zepp Tokyoバージョンより若干テンポが速いね。

ブリッジのミサとアカネの間のミクの打ち込みソロパート(Zep Tokyoでは微妙にずれていた)も、ビートにぴったり合わせている。

ミクはもうベテランのリズム・ギタリスト。

このバンドは素晴らしいものになりそうだ。


↑ 確かにテンポは速いし、ミサはスラップベースに魔法のように切り替えたね。


↑ メトロノームで確認したところ、どちらのバージョンも140BPMで全く同じテンポだよ。

バンドはクリックトラックで演奏しているので、テンポが違うということはないかな。


コンサートごとにセットリストを微妙にいじっているところが好き。

素晴らしい!!!


特に多忙な海外ツアーの最中で、もう何年も人前で演奏していないだろうけど…。

ライブパフォーマンスとしては完璧なものです!


信じられない…。

このツアーで彼らは私たちを驚かせ続けている。

ミサのソロが始まるやいなや、鳥肌が立ちました。

カナミの素晴らしいタッピング(たとえ音を外していても素晴らしいのですが、彼女は一音も飛ばさなかった!)

そしてミクの素晴らしい仕事っぷり!!!


このツアーで「Onset」が演奏されるとは思ってもいませんでした。

今でも彼らのインストゥルメンタルで一番好きな曲なんだ!

この曲で一日を始めるのが大好きです。


「ONSET」と「FROM NOW ON」の2つのインストゥルメンタルをバック・トゥ・バックでやってくれました。

最高でしたよ!!!

エネルギーが止まらない…。


想像してみてください…ライブがどんな音だったか。


このライブを見たことは長く記憶に残るような気がする!!!

バンドと観客が一体となったパフォーマンス。

バンドメイドはツアーが進むにつれてどんどん良くなっていく。

ワシントン「THE FILLMORE」2022.10.25


僕はファンダムに入ったばかりでチケットを手に入れるチャンスがあったんだ。

彼らは素晴らしいよ…。

何を期待していいか分からなかったけど、彼らは僕が想像していたものを超えていた…。

このバンドは最高だ!!!


↑ ライブを楽しんでいただけて嬉しいです。

今こそこのバンドのことをお友達に教えてあげてくださいね。


世界最高のハードロックバンド……。

それは”BAND-MAID”だ。


素晴らしい映像を共有してくれて本当にありがとう。

クールなショーだね。


こんなにも素晴らしい曲はない!

彼らのベストに匹敵する。


なんてバンドだよ…。


これからが本番ですよ!!!


いい映像が撮れましたね。

本当に楽しいショーでした。

本当に行ってよかったと思います。


さあ、出発だ!!!

フィラデルフィア「TLA」2022.10.26


「One more song!One more song!One more song…!」

もう一曲くるか?戻ってくるのかな???

そんな素敵な美しいバンド。

ライブを続けてくれよな、バンドメイド !!!


↑ 本編で持てる力を全て出し切る。

だから、アンコールは必要ない。


↑ しなかったね(笑)


彼らはこのコンサートを成功させました。

フォリーの観客と交流しているのを見るのはとても楽しかったです!


26日は私の誕生日。

その場に居合わせたらどんなに嬉しいプレゼントだったことでしょう…。

それがない以上、このコンサート映像は友人からのプレゼントとして大切にします。

ありがとうございました。

私にとってのBAND-MAIDは常に完成形ではありません。

私の永久保存版。


初めてのコンサートでした。

良い映像が残っていて本当に良かったです。

この経験は一生忘れないと思う。


なんと素晴らしいフィニッシャーでしょう。

私はいつも彼らが最後まで元気でいることに驚かされるんだ。


最高のバンドは海外、特に日本からやってくる。


フィラデルフィアの観客はとても熱い!

皆さんの愛とエネルギーがBMの素晴らしいパフォーマンスを引き出してるよ!!!


なんて恐ろしくて、美しくて、才能のある女性なんだろう。

やっぱりミクが一番好き!!!


↑ 5人ともカリスマ的な存在で、ファンなら誰でもお気に入りがいるはず。


すげぇな…。

実は見終わった後、PCの前で拍手してます。

メイドさん大好き!


アカネは「誰かに棒を渡す」という全く新しい意味を与えた!!!

サイキはそれを受けて楽しんでいる。


Band-Maidは非常に才能のあるバンドです。

メタルヘッズの私にとっては、彼らの音楽は正直心に響かない…。

でもステージ上の才能は全面的に否定できない。


素晴らしいビデオをみっけちゃった。

彼らはここフィリーで間違いなくその勢いに乗っています。

ニューヨーク「IRVING PLAZA」2022.10.28


何十曲もあるバンドメイドの曲の中でこれは私の中でNo.1です。

私にとって「MORATORIUM」は過去最高の曲。


↑ 私もそう思う。


↑ そうですね。

No.2やNo.3はたくさんありますが、モラトリアムは単独でNo.1です。


何度歌ってもいいんです。

あるいは何度聴いても、何度演奏を見てもいつも新鮮で新しい感じがする。

このクオリティは他のバンドにはないね。


この素晴らしいアーティストを2回もDCボストンで見ることが出来てラッキーでした。

最高のバンドです!大好きです!Kanamiさん!!!


サイキの嬉しそうな顔が好きなんだ。

見ていて気持ちがいい。


↑ 彩姫はとてもかわいく、その唇の微笑みを見ると心が癒されます。


↑ 氷さえも溶けるんだよ。


↑ 当然の結果だ。


涙が出そう…。

とても美しい曲。

彼らはこの曲を心をこめて演奏してくれました!


この曲は過小評価されているような気がするんだ。


↑ 過小評価?冗談でしょう?

これは多くのMaidiacsのトップソングのはずだよ。


↑ Maidiacsの半数はバンドメイドの曲の中でトップ5に入ると言うだろう。

反応チャンネルにこの曲が表示されないのは1年以上前に公式ライブ動画がパクられたからだ…。


とても素晴らしいショーでした!

私はバルコニーで日本語を叫んでいる人の隣にいたよ。

また彼らに会うのが待ち遠しいです。

ボストン「PARADICE ROCK CLUB」2022.10.29


なんて素晴らしいコミュニティーなんだ!


↑ 良い言葉ですね。


あの会場では珍しいレイアウトですが、ステージの奥の方にいるファンを訪問しているのが素敵だ。

バンド・メイド・ロック。


「る〜るる〜」のとこ好きなんだよね。


バンドメイドとファンが一体となって幸せの渦に巻き込まれる様子を収めた。

もうひとつの素晴らしい映像がある。


日本語を勉強しなおす時だよ。

バンドメイドを聴き始めてからもずっと放置してたんだろ?


「Get Down!」じゃねぇよ(笑)


「We have got to win!」のラストスパート。

お前ら楽しみすぎだろ!?(笑)


もう二度と彼らのツアーで1回だけのショーで終わらせることはないだろう。

本当に禁断症状がある。


幸いなことに、手強いファンはメイドから遠ざかっている(笑)


いいところに目をつけたね…。

フットボールで言うところのVIP席みたいなもんだ…ふふふ…。


↑ あの会場にいた全員がVIPになったようだ!


ステージ前のシャツの背中にバンドメイドのロゴが入った背の高い男性はフィリー公演にも来てた。

後頭部とメガネに見覚えがあるような気がしたんだよ。


サイキは誰かとハイタッチしようとしたのかな?


↑ 2人くらいとハイタッチしてたね!


↑ 私も左端のバルコニーから見ましたよ。

昨夜はファンやバンドとの交流が盛んでしたね。


そうそう、私も歌い間違えちゃうんだよね…(笑)


ミクさんからの警告です。

“LU、LU、LU “は私のパートであり「オッサン(中年男性)」が歌っているパートではございませんポ!!!

イーストラザフォード「AMERICAN DREAM」22.10.30


ミクさんがピックを渡しに降りてきたのをキャッチしてくれて、とても嬉しかった!

素晴らしいショーでしたね。


↑ ははは。

個人的に手渡されたミクのピックおめでとう。

あなたがいた場所に来てくれてよかったです。

私にとってはシュールでした。

ミクさんは私に挨拶して握手してくれました!

今、あなたは信者でない人たちのために証拠を持っています!!!

彼らは最高です。


↑ プリンセス(お嬢様)は彼らにとって貴重な存在です。

もっと若いファン、女性ファンを増やしてほしい。


アカネはこんな小さなドラムセットで、こんなにもいい音を出してくれるんだね。


MISAさんのストラップの誤操作はプロのすごさを物語っています。


↑ その通りだ。

彼女は本能的にひざまずき、曲が終わるか、技術者が助けてくれるまで演奏を続けられるようにしたんだ。

必要であれば、曲が終わるまでひざまづいた姿勢で演奏を続けたに違いない。


この夏、初めてバンドメイド を日本で見てとても楽しかったのですが、やはり応援規制がかかってしまいました…。

今回のNJ公演のチケットは本物のライブを体験するために手に入れたんだ。

もしかしたら、今までの人生で最高のライブになったかもしれません。

このライブを思い出せるように、アップロードしてくれてありがとう。


このバンドの演奏はとてもタイトで信じられないほどです。

私が今まで見てきたほとんどのバンドを凌駕している…。


↑ 彼らの相乗効果は確実にワンランク上です。

そしてあの音楽ね。


↑ これが努力と練習の成果だ。


スマホで録音したものでも、どうしてこんなに良い音が出せるのか?

いつも驚かされます…。

みんなのスマホを侮辱するわけではないんだけど、携帯電話のマイクはバンド全体の音を録音するようには設計されてないからね。

私は彼らのライブに参加することができなかったのでファンカムに感謝してるよ。

彼らの次のアメリカツアーがあまり遠くならないことを願っています。


ありがとう!

なぜこの会場にしたのかわかりませんが音は大丈夫そうですね?


↑ 音は近かった割にはかなり良かったよ。

後ろのほうはどうだったかな?


アカネちゃんとあのカボチャたち!!!


バルコニーにいる人たちは、観客なのか、スタッフなのか、それともテーマパークを訪れたただの人たちなのか。

いずれにせよ、いい景色を見ることができました。

シカゴ「HOUSE OF BLUES」22.11.1


最後にアシスタントを連れてきてハグしたのはとてもかわいかった。

彼女の人柄がよく表れていますね。


↑ 観客の歓声に包まれるのも良かったね。


AftershockからChicagoへのバンドの自信の進歩を見ることができます。

人間味あふれるタッチが、このグループを他のグループとは一線を画しています。

このビデオの一番の見どころはあまりに小さいので見逃してしまうかもしれませんが。

Kanamiがステージでギターテクを披露し、観客がその後に喝采するのをご覧ください…。

本当に心温まる瞬間です!


↑ フェニックス公演で彼らは本当にノリノリになり、すべての問題を解決したんだ。

観客はとても好意的で彼らに自信を与えてくれました。

全体として素晴らしいツアーだった。


↑ 私はダラスにいたのですが今まで見た中で最高のショーでした!

彼らはファンとの交流が素晴らしい。

観客を見渡し、目を合わせ、微笑む…。

他のバンドでそんなことしているのを見た事がないよ。

私の友人はバルコニーにいたのですが、Kanamiは彼女がスマホを取り出すのを見るたびに手を振っていました。

どこのバンドがそんなことするんだ???


すべてを撮影していただきありがとうございました。

その分、楽しさが半減してしまった部分もあっただろうことは十分承知しているので、なおさら感謝しています。

今回のツアーの映像のおかげで何千キロも離れているのに、すぐそこにあるような気が少ししていました。

だから動画をシェアしてくれた皆さんに大感謝です。

ミクが歩くエネルギーの塊であることは既に知っていたし、カナミはギターを手にすると怪物になることも知っていたが、くそ、サイキの存在感はどんなもんだ?ニックネームから「クール」はもう外してもいいんじゃないでしょうか?

もちろん”Queen “であることに変わりはないので、これからは “Fire “を前面に出してもいいかもしれませんね。

“Let’s go f’n crazy!”ってね!!!


素晴らしいショーでした。

初めてのバンドメイドのショーでしたが、一秒一秒がとても気に入りました。

みんな素晴らしくて、ゴージャスで、いいエネルギーを持ってたよ。

サイキはカリスマ性とエレガンスがにじみ出ていて、ミサとアカネのドラムとベースは私の体の芯を揺さぶっているのが感じられました。

ギターヒーローのカナミは彼女にしかできない美しいエモーショナルなリフを叩き、ミクはその限りないエネルギーと元気な性格でみんなに最高のものを与えていました。

(私のパートナーによると、魔法の呪文の時間は気持ち悪いらしい…)

でも全体的には大好きでした。

サイキとカナミは私と目を合わせて微笑んでくれたし、私はファンガールをしたし、終演後にミクのギターピックを手に入れることができたよ。

ミサちゃんのオープニングセレモニータイムが大好き!!!

また来てほしいな、絶対また行きます!

一生に一度の経験だったよ。


BAND-MAIDの素晴らしいUSツアーを締めくくるにふさわしいフィナーレとなったね。


↑ あれは私の人生で最高の経験のひとつだ。

彼らは本当に素晴らしいミュージシャンでありエンターテイナーだった。


無事に各地でコンサートができて良かったですね!

これを皮切りにもっと世界各地での活躍で”世界征服”を更に進めて頂きたいです!

もちろん、日本も含めて。

出典:YouTube

【海外の反応】BAND-MAIDのほかの楽曲への反応をチェック
▶︎BAND-MAID全米ツアーでの海外ファンのリアクション[前半]2022
▶︎BAND-MAID「AFTERSHOCKからUSツアーへ…いざ出陣!」輪廻”RINNE”
▶︎BAND-MAID – YOLO「音楽の歴史的価値を提示した史上最高のバンド」
▶︎BAND-MAID「カナミは一流のギタリストで作曲の才能もある」Different
▶︎BAND-MAID – Blooming「君たちのおかげで再びギターを弾く気にさせられたよ…」

コメント

タイトルとURLをコピーしました