【海外の反応】BAND-MAID – Sense「プラチナエンドファンの皆さん、ようこそMaidiacへ」

“おかえりなさいませ、ご主人さま、お姫さま”

国内外で大人気のメイド姿のハードロックバンド「バンドメイド」が2021年10月27日にYouTube上に公開した「Sense」のMV。

疾走感のある楽曲で大場つぐみ/小畑健原作のTVアニメ「プラチナエンド(Platinum End)」のOP主題歌にもなり、アニメからこのバンドを知るきっかけにもなり国内外のファンがコメントを寄せていました!

【海外の反応】BAND-MAID / Sense (Official Music Video)


BAND-MAID(バンドメイド)

気取らない。

エゴもない。

でたらめなし。

100%ハードロック天国。


↑ 良くぞ言ってくれた!


↑ 謙虚さ、誠実さ、逞しさ! 純粋な才能!


↑ “エゴがない?”

自分たちがいかにすごいかを歌う曲はありますよね!?(結構好きな部分なんだけど)


↑ 2つの「いいね!」をあげたいところですが、1つ目の「いいね!」が無効になってしまうので、代わりに3つの「いいね!」をあげましょう(笑)


プラチナエンドファンの皆様、こんにちは。

バンドメイドの素晴らしい曲はこれだけではありませんよ。

この曲が好きなら、彼らのチャンネルで他の曲もチェックしてみてください!

こういう曲はBand-Maidが得意とするタイプですから。


↑ 私にいくつかお勧めを教えてよ。


↑ 「Different」は彼らの作った曲の中で最も好きな曲の一つだよ!


↑ 私は彼らの音楽が大好きなんだ。

「Thrill」を聴いて以来、ずっと追いかけてるよ。


↑ でも気分によって、速いテンポが欲しいなら「Black Hole」もっとハードなのが欲しいなら「Rinne」もっとブルージーなのが欲しいなら「Day Dreaming」あと「Manners」もチェックしてみて。(MannersとBlackholeのビデオもあります) 彼らの曲はどれを選んでも間違いありません。


↑ 「Choose Me」と「Real Existence」もパワーがある曲だよ!

このBANDはすべての人の為にすべてを持っているんだ。


↑ 「Choose me」「Blooming」「Different」「Play」だろ。


2日前に私のYouTubeのおすすめに出てきて、今ではiTunesで彼らのディスコグラフィーを全部持っています。

嘘じゃありませんよ。


↑ ここにいる私たちファンのほとんどが、同じような経験をしているのですよ…。


↑ 俗にいう「バンドメイドマジック」だよ。


↑ ライブ映像を探すと、これらよりもっと良い体験ができるよ。


↑ 私も同じ道を辿った…。

そして物理的なコピーも欲しいと思い1、2週間後にすべてのCDを買いました。

(1stシングルを除いて – 今はちょっと値段が高すぎるのですが)

最近の再リリース盤の誘惑には勝てませんでしたがね。


↑ 素晴らしい発見がありましたね。

どうぞお楽しみに。


↑ “Maidiac”のクラブへようこそ。


このバンドが好きなのは全員が地に足がついていて、大きなエゴを持っている人がいないところ。

みんな相手の技量に合わせるし、いつも満面の笑みを浮かべているんだ。

私は彼らをとても尊敬しています。


↑ うん。

サイキは矢面に立ちたくはないのだ。

むしろ宣伝はすべて鳩(ミク)にやらせたいらしい。

バンドメイドはそういう意味では、とても変わったバンドだと思う。

みんなにスポットライトが当たるし、誰一人スポットライトを浴びない。

バナナを愛するアカネを除いて、全員が内向的でシャイなんだ。

ファンは各メンバーをほぼ平等に愛しています。

ファンからの愛を独占するような人はいません。

本当に素敵なグループなんだ。


私はこのバンドを知ったばかりですが、何も後悔していません。

彼らは絶対に素晴らしい。


↑ 聴くのを止めたくないというサイクルに入っただけ。


↑ そうだと信じていますよ、もうダウンロードもしましたから。


↑ YouTubeのおすすめに出てきて、名前自体が気になり、ここにたどり着きました。


さて、どの曲が私のリピート再生になるのか、わかったよ。

(※登録者約20万人のリアクション系YouTuber)


↑ お、いいね。

いつもリアクション動画ありがとうございます!


今まで生きていると実感したことはなかったと思うだが。

大好きなバンドを見つけたんだ、まったく…。

彼女たちは別次元、別現実だ。

TVアニメ「プラチナエンド」オープニング


どうしてこのアメージングな2013年から活動してる女性バンドを知らなかったんだろう?

今、私は2022年にBAND MAIDの新しいファンです。


前作でファンの期待が高まったが、今回も期待を裏切らない。

このバンドに限界はあるのだろうか?

めちゃくちゃ破られてますね。

バンドメイド:メンバーの才能と美しさ。


↑ 同じことを考えていました。

同じバンド、同じスタイルでありながらこの曲のクオリティは際立っていて、バンドの改良の別の段階を指し示しています。

ブラジルからヒスパニックの友人たちへご挨拶。


言い忘れたが、バンドメイドは技術的に今まで以上に良くなっている。

そして彼らの曲はとても高いレベルで素晴らしく、とてもメロディックです。

いつものように、でも今はさらに良くなっています。

私は彼らがとても大好きだ。


もう52歳、こんなハードロックバンドに出会ったのはガンズアンドローゼス以来です。


↑ あなただけではありません!

バンドメイドのファンの多くは、ビートルズ、レッド・ツェッペリン、ガンズ・アンド・ローゼズ、ニルヴァーナなどのクラシックロックのファンでもある。


↑ 私にとって、彼らの曲の中で最もGuns ‘n’ Rosesらしいのは「Dice」ですが、この曲も素晴らしいですね。


年月が経っても、変わらぬ輝きと熱意がある。


Kanamiの並外れたソングライティング能力に驚かされっぱなしです…!!!


↑ カナミが作曲して最初はメンバー全員で提案し、いつもはミクが歌詞を書くのですが、今回はサイキが書きました。

なんてグループなんだ!


↑ サイキは今回Coralliumしか書いていませんが、もしかしたら今後もっと増えるかもしれませんし、MISAはChemical Reactionの音楽も書いています…。


↑ それに加えて彼女の多作ぶりには頭が下がる思いです。

彼女らは世代を超えた才能の持ち主なのだよ。


↑ それよりも彼女は自然な空気感で、バンドで一番かわいい女性だと思う。


この曲はとてつもなく素晴らしい…。

100回聴いても何か新しいディテールを発見するんだ。


バンドメイドを聴いていると日本語を話すわけでもないのに…。

言葉を理解する必要がないのがとてもクールですね。

彼らの音楽を聴いて、何があっても音楽だけでその曲の感情を理解しているようなものです。


ここで解き明かしたいことがたくさんある。

これはまた傑作だなぁ…。

私は通常テック・デスメタル派ですが、バンドメイドは私のお気に入りのバンドの一つになりました(そして私の3歳の娘たちも)

彼らはロックとヘビーメタルの間の境界線を常に曖昧にし、常に提供し続けているのが大好き。

このクオリティとスタイルでこれをやっているバンドは他に知りません。

これはほとんどが死んでいるか新しいアイディアが枯渇していると考えられているジャンルにおいて、それ自体が偉業なのです。

私のバンド(私を含む)が、この素晴らしい女性たちのように、楽器演奏や作曲において4分の1の才能を持っていたらと思っちゃうよ…。


↑ 立派な感嘆の言葉ですね。


才能はその半分。

残りの半分は血と汗と涙の集中したハードワークです。

彼らは1日に8時間以上練習しても、他のことをすることがよくあります。

彼らは絶え間なく優秀さを追求する。

ミサがスラップベースを練習していた頃、彼女はマメができるほど練習した。

そんなとき、スタジオに空きが出たという知らせが入った。

それで……。

そして完璧に弾きこなした。

彼女は自分より劣るものは認めない。

トニー・ヴィスコンティが「The Dragon Cries」のボーカルトラックをプロデュースしたとき、ミクとサイキが8時間労働で完成させるという姿勢に驚かされたという。

そんなことは誰もしたことがない。

アニメのテーマ曲を手がけた時、速弾きの音が多いのが一番いいと思ったカナミはアカネに「1分間に何拍子できる?1分間に何拍できるか」と尋ねるとその数字をさらに大きくして、それを達成するようにと言った。

アカネは頑張って220bpmを超え、230bpm…。

その間にミクにリズムギターの練習をさせ、さらにもう1曲、スピードアップさせる。

ミクはそれを実行した。

またまた充実した練習の日々。

この間、カナミはリードギターでも自分を追い込んだ。

そして…。

サイキはあのスピードで歌い、言葉を発しなければならない。

そして彼女はそのスピードで歌い、言葉を発し、タイミングを合わせて歌う。

バンドメイドを始めるまでミクはギターを弾いたことがなかった。

カナミが簡単なことから教えスタジオのトラックで自分のパートを担当した。

しかし、2013年当時はまったくの初心者だった彼女が今ではしっかりとしたセカンドギタリストとして活躍している。

その秘訣は?かなみんちょのギター指導と、ミクの努力の賜物です。

そしてライブでは、可能な限り会場での事前練習を行い、本番前にフルセットの練習をする姿も目撃されている。

多くの才能がある。

しかし血と汗と涙を流しながら、その才能を本物のミュージシャンシップに育て、常に向上させている。

そして、音楽とお互いへの愛情を保ちつつ、ユーモアも忘れない。


↑ 友よ、よくぞ言ってくれた!


ギターソロの部分は言葉では言い表せないほど好きです。


私だけかもしれませんが。

長年のバンドメイドファンとして。

今回のMVは今までのMVより明らかにクオリティが上がっていることに気づかされました。


やはりアニメからバンドやアーティストを知る機会が多くなっていますね!

それにしてもBand-Maidのコメント欄は熱が凄い(笑)

出典:YouTube

【海外の反応】BAND-MAIDのほかの楽曲への反応をチェック
▶︎BAND-MAID – influence「もう全米ツアーが待ちきれないよ!!!」
▶︎BAND-MAID – Daydreaming「メイド姿に敬遠して聴かない人が可哀想だよ」
▶︎BAND-MAID – Thrill(スリル)「今、ロックは日本にある」
▶︎BAND-MAID – DICE「ロックの未来は日本のガールズバンドに託された…」
▶︎BAND-MAID – Choose me「彼女らをKATEに起用した映画監督は天才だ!!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました