【海外の反応】BAND-MAID「AFTERSHOCKからUSツアーへ…いざ出陣!」輪廻”RINNE”

“おかえりなさいませ、ご主人さま、お姫さま”

国内外で大人気のメイド姿のハードロックバンド「バンドメイド」が2019年11月5日にYouTube上に公開した「輪廻”RINNE”」のMVへのリアクション。

映画から影響を受けたミュージックビデオと演奏に海外のファンからたくさんのコメントが寄せられていました!

【海外の反応】BAND-MAID / 輪廻 “RINNE” (Official Music Video)


ロックンロールは死んでいない。

今は引退して日本に移り住み、寿司を食べ、日本酒を飲み、若い女性から最高のプレイを受け、人生を謳歌している。

若い日本人の女性が一番上手に演じている。

そして、人生を楽しんでいるんだ。


↑ もう一回言ってくれ!

ロックンロールは、寿司を食べ、酒を飲み、温泉に浸かって、若返ったというか、生まれ変わったというか、そこでのんびりしているのか...


↑ いや、豆大福を食べたからだよ(笑)


↑ いや、マメシバを撫でたことがきっかけさ。


↑ いやいや…メイド喫茶でオムライスを食べたからだぞ。


↑ おい、それはただのアニメオタクだろ!


↑ メキシコにもロックはいるよ。

知らない人は「The Warning」で調べて。


この曲はヤバい!

ドラマーが殺して、復活させて、また殺して…。

とても感動しました。


↑ このバンドのミュージシャンはレベルが高いし、素晴らしい曲を作ることができるんだね。


↑ すまん…”生まれ変わった “と例えればよかったわ。


あなた方のファンの年齢層がどのくらいか知りませんが、私はもうすぐ62歳になりますが、あなた方の生涯のファンを持っていると言っていいでしょう。

私は死ぬ前にあなた方のライブを見たいと思っています。


↑ BAND-MAIDをビートルズに例える人、K-POPに例える人など…ファンの幅が広いんです。

それってすごいことだと思いませんか?


↑ USツアー2022、いざ出陣!!!


↑ 私は21歳で、毎日これをジャムっています。

まさか自分が音楽にハマるとは思ってもみませんでした。


↑ 私は58歳ですが同じような症状です。

2017年の夏、初めて彼らを–それも偶然に–見つけて以来、完全な中毒者になってしまった。

「Thrill」を観て「Real Existence」を観て、そしてその夜「Don’t Let Me Down」を観た。

完全に吹き飛ばされた!

さらに素晴らしい音楽以外、何も変わっていない!

全編8mmフィルムによる撮影で「輪廻」の世界観を表現


これは新しいレベルのシットだ。

私は48歳でこの女性たちは素晴らしいね。

歌詞もすごく面白いし迫力がある。

日本語はわからないけど読むことはできる。

この曲は本当に素晴らしい。

フロリダに来てほしいな…ぜひ見たい。

チャンネル登録しています!

そして、私は他の何チャンネルに登録したことがありません。


↑ 好きなバンドメイドの曲はいつも最後に聴いた曲です。

なんとなくですが本当のこと。

チャンネル登録について言いたいことはわかるよ。

私も普段は特別好きで登録しているわけではないのですが、Band-Maidに関しては、通知のためのベルアイコンをクリックしたくらいです。

私が今までそれを考慮した唯一のチャンネルですよ。


↑ 私が彼らの好きなところは何でも自分たちのやり方でやるところです。

全ての曲は違っていて細部にまでこだわっている。

歌詞には常に深い意味があり、大抵は何かに関連していたり、何かから来たりします。

この曲はホラー映画「輪廻」へのオマージュだそうです。

同じスタイルで撮影しています。

この場合、同じ感じを得るために8mmフィルムで撮影されたそう。

ザラついた映像と音がカッコいいMV


どんな偶然が彼女たちを結びつけたにせよ、音楽的に比類がないことは認めざるを得ない。

名手3人を擁するCreamでさえ、ステージ上でこれほどのエネルギーを生み出すことはなかったし、Kanamiの作曲は毎回新たな高みに到達している。

私はロックというものを全く楽しんでいないオジサンですが、バンドメイドのおかげで楽しい一日を過ごすことができました。


↑ あなたの言葉だが私が言った言葉だということにしておいてくれ。


↑ バンドメイドというトップクラスのバンドについて語るとき、正当に会話されなければなりません。

そして、アルバムの売り上げや儲けについて話しているのではありません。

音楽の質、音楽性、気品、ステージング、そのすべてが1つのバンドに集約されているという話です。


しかしそのような巨大な才能を持ったバンドはしばしばエゴと虐待に悩まされ、やがて燃え尽きてしまう。

あるいは最初の成功の後、尻すぼみになってしまう。

このバンドは、個人として、またグループとしてのスキルを向上させるために努力する一方で、笑顔と愚かなおふざけという「虐待」を受けているのです。

80年代後半、カリフォルニアのヘアメタルから北欧のデスメタルまで、ハードロック/メタルは過剰なまでの挑戦と化していたので…私はそれを見限っていました。

そして今、私は戻ってきた。

BandMaidが国際的な成功を収める上で唯一不利になるのは、言葉の壁です。

Rammsteinはカルト映画のサウンドトラックの助けを借りて、その壁を破った。

NetflixのKateがBand Maidに同じことをすることを期待しよう。


冗談抜きで腕の毛が逆立ってる…。

このバンドのライブを見なくちゃ。

BandMaid Rock hard xxx. Love from the UK Girls.


今まで見たことがなかったが、彼らは最高のロックバンドですべてを出し切るね。


バンドメイドのリズムセクションには一曲目から感心させられました。

そして、彼らは決して私の感動を裏切ることはありません。

AKANEには本当にハグしたい!

この女の子を愛しています!


バンドメイドの曲で一番好きなのはこれかもしれない。


↑ 同意するよ。


BAND-MAIDでオールインです。

世界を征服し、彼らの正当な地位を得ることができますように。


映像のザラついた感じとギターのノイズがすごくマッチしていますね!

出典:YouTube

【海外の反応】BAND-MAIDのほかの楽曲への反応をチェック
▶︎BAND-MAID「BABYMETALとは音楽性が全く違う!」After Life
▶︎BAND-MAID – Different「カナミは一流のギタリストで作曲の才能もある」
▶︎BAND-MAID – Daydreaming「メイド姿に敬遠して聴かない人が可哀想だよ」
▶︎BAND-MAID「ロック界の裏最終兵器だ…」Unleash!!!!!
▶︎BAND-MAID – Choose me「彼女らをKATEに起用した映画監督は天才だ!!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました