【海外の反応】BAND-MAID「Aftershockのライブ映像キターーー!!!」2022

“おかえりなさいませ、ご主人さま、お姫さま”

アメリカ最大級のロックフェス「AFTERSHOCK FESTIVAL2022」に出演を果たしたBAND-MAID。

2022年10月10日にライブが行われ、ファンが撮影したファンカムの動画が続々とアップロードされ始め、現地に駆けつけたファン、ライブに行けなかったファン、USツアーを待ち構えるファンやもちろん日本のファンからたくさんのコメントが寄せられていました!

【海外の反応】Band Maid Domination and Choose Me Aftershock 2022


今日、多くの人が新しい好きなバンドを発見したはずだ。

お疲れ様でした!!!


映像ありがとう!

我らがMAIDは怖気付かない。

日本での公演は本当に彼らの準備に役立ったんじゃないかな?

自分たちの専用ステージを手に入れたらもっと良くなると期待しているよ。

「DOMINATION」の最後の観客の反応にサイキも驚いていたみたい。

彼女たちはすべてを手に入れたのさ!


映像サンクス。

5分11秒のドラムフィルはいつもながら素晴らしい音ですね。


↑ ドラムフィルの後、右のカメラマンにハモってるAKANEがかわいい!


この美しい映像をありがとう。

このファンカムを一日中待っていた…口から泡を吹きながらな。


このバンドが大好き!

前回のツアーから3年経っているのに、またアメリカでツアーをやってくれるなんて本当に嬉しい限りですね。


SAIKIのあの笑顔はコントロールできないよ。

何度か観客を見たときに彼女の顔がほころんだ。

ステージの上から見た写真を見ると大観衆でした。

あの笑顔はとても幸せな気分にさせてくれたよ。

このバンドをずっと追ってきて、長い間音楽を聴いていなかった気持ちを取り戻した。

そう、すべてを感じることができるんだ。

喜び、感動、幸せ…。

彼女たちが毎日こんな風に笑っていられる理由があればいいなと思います。

頑張れ、女性たち!

世界を征服しに行くんだ。


↑ その笑顔がこのバンドをより一層力強くしているのさ。


喜びが伝わってくる…。

彼らは本当にライブをするために作られたバンドだ。

このライブをどれくらい夢見てきたのだろうか。

世界征服される準備は既にできていたさ!!!


彼らは素晴らしい活躍をしたね!

私はその会場にいたんだけど観客は彼らに大喜びでしたよ。


クソ暑い中、太陽を見つめながら…。

それでも彼らは私たちのためにやって来てくれたのです。

だから俺たちはこのバンドが大好きなんだ!


↑ そう、KANAMIは目を覆いたくなるような光景を目の当たりにしたのである。


とても誇らしい!

彼らは絶対に成功したね!


バンドメイドは永遠に!!!

ゴッドセイブザクイーンズ!!!


この動画は「Domination」「Choose Me」のライブ映像

最後にKANAMIが活躍する素晴らしい録音を…。

彼女は釘付けになりました。

この子たちはメインステージにふさわしいね。

日没後のフルステージの光のショーを想像してみてください。


来年、ここヨーロッパで彼らに会えるといいですね。

いつもながら素晴らしいショーでした。

今、地球上で最高のロックバンドだ!

ドイツからご挨拶。


↑ 彼女たちがドイツに来ることを願うよ!


メイドさんの声もすごいし、カナミちゃんの声もすごくよく聞こえました!


↑ カナミの雄叫びが聞けるのはお得だ。


時差ボケもなんのその、実に元気そう。

ファンタスティック!


私も一生に一度は彼らのライブを見たい!


「Domination」のジャムオフとドラムソロが省かれたのはちょっと残念。

でもサイドステージのアクトとして、たぶん時間的な制約があったのだと思う。

今月末のアメリカ・ツアーで元に戻されることを期待します!

また、スマホのビデオであれだけ素晴らしいサウンドを聴くことができるのなら、実際のサウンドはどれほど素晴らしいものなのか容易に想像できますよ。


↑ 「Don’t You Tell Me」のギターとベースのデュエルはもうやらないし、おそらく渋谷でやっていた「Play」のイントロももうやらないだろう。

今回は「NO GOD」ともう1曲(どれだか忘れた)のイントロが新しくなってる気がする。

カナミは同じことを繰り返すのが嫌いなんでしょう。


↑ ヘッドライナー以外のバンドはすべて30分しかなかったからね。


↑ 私も気づいていた事だけど、彼らは自分たちしか出演しないときだけ「エクステンデッド・バージョン」をやるんだよ。


↑ 「NO GOD」のイントロを新たに拡張したのと、インストゥルメンタルの「From Now On」でセットを開始した。


↑ 初期の頃は30分、その後バンドが大きくなるにつれて長くなる。

ネモフィラもそうだったけど、次回は45分〜60分くらいになりそうだね。


「Rinne」が演奏されることを期待しています。「Domination」「Dice」「Black Hole」はまだライブで聴いたことがないような気がする。

1つだけ選ぶのは難しいな…。

今のところ良い感じだけど、まだ最初のショーでちょっと躊躇しているように見えるかな?

Mikuはいつも通りクレイジーだけど、彼女はいつもそれを殺している!!!


見てましたよ~。

MISAちゃんもニコニコしてました!


彼らのライブのチケットが近くで手に入らなかったので、すごく腹が立っているんだ!

でもみんな僕を見捨てたし…僕は怪我で動けないし…間に合わないよ…。

だけど彼女たちは本当に最高だ!!!

今回は30分ほどの演奏で終了


サイキはちょっとミステイクがあったね。

でもそれを乗り越えて、いつも素晴らしい音を聴かせてくれる。


↑ それがBAND-MAIDの良いところで、彼らは人間の小さな欠点など気にしない。


バンドメイドの曲の中で一番好きな2曲!

いつも通りとても良い音でした。

私はあなた方と一緒にそこにいたかったです…。


大きなステージで見ることができるのはとてもうれしい。アカネはよく見えなかったけど、カナミは笑顔いっぱいだった。


サンディエゴにMIKUを連れてきてくれ!


最高です。

USツアーが記録されることを願っています。


バンドメイドにとって、このアメリカ上陸がいかに “ビートルズ的 “であったかはいつか振り返ったときにわかるだろう。

そして彼らが旅立つ頃にはアメリカ中の床に落ちた多くのアゴを拾わなければならなくなる…。

楽しみだ。


↑ この観客はほぼ死んでいるように見えるという点で、ビートルズ的だった。


↑ 違うね。

私は4列ほど後ろにいたけど、少なくとも1人のクラウドサーファーとモッシュピットが何列も奥の方にできていて熱狂的なファンがたくさんいたよ。


↑ 観客の声はビデオを撮っている人の後ろにいるだけだろう。

マイクは観客ではなくバンドの方にしか向いてないからね。


フェスのステージがよく似合ってますね。


アメリカのファンの皆さん。

彼女たちに声援を送り、一緒に歌ってくれてありがとう。

きっと応援に力が入ったことでしょう!

行きたかったな〜…。


いよいよだ…。

3日後が待ち遠しい。


演奏が始まるまでは「ポップなバンドか?冗談だろう」と思っていた人がどれだけいただろう?

彼らはとてもいい味を出していた。


↑ たぶん多くの人の「誰だよこれ?」から「なんなんだこれ!?」に変わった事でしょう。


サイキの声めっちゃいい。

みんちょもすごい。

そしてミサの前髪が復活。


↑ 次は何だろう?

小鳩さんの再登場?


↑ ミクは…伝説だ。


彼女たちが米国に戻ってきたことはとても素晴らしいことですね!

すべてのツアー日程で、素晴らしい歓迎をしましょう。

世界征服は今…始まる!!!


ライブ映像を待ち望んでいました!

AFTERSHOCKからUSツアーと今回の活動でかなり「世界征服」進行が捗りそうですね!

【番外編】カチューシャをブン投げるかなみんちょさん。


被り物を捨てて”みんちょ”になっているカナミを見て、私のカツラは吹っ飛んだ。


ボンネットを外した姿も素敵なカナミさん。

ギターを弾くように、髪も自由奔放に…。


みんちょの本能を制御するヘッドコントローラーが外れ、爆発的なハードロッカーのKANAMIが姿を現した。


カナミが温厚な日刊紙記者から変身すると…いや、それは別人です。

とにかく、かなみんちょが解き放たれた「ポー!」なのです。

自由だでまさにカオスに近い、湿度50%近い猛暑の中、私の目線からは本当に楽しそうだった。

私たちもそうでしたけどね。

思い出に残るツアーになりそうです。


みんちょは今後…帽子を脱ぐんだ。

彼女はその布の下に隠れるにはあまりにも可愛い。

彼女のプレイは変わらないし、もっと自由になれるかもしれない。

でもいつも通り、彼女が決めたことなら私は賛成です。


↑ アカネが小さな帽子をかぶって「ゴリラモード」を発揮したように、ヘッドドレスを着ていないカナミもきっと好きな時に「みんちょモード」になることができるんだ。


みんちょ、かぶり物を捨て…。

スーパー明朝モード発動!!!


そのワイルドなロングヘアを束ねるためにヘッドバンドか何かが必要なのは間違いありません。


最初はMISA、次にAkane、そして次はみんちょ。

次は誰だ?


↑ サイキとミクは、青と赤の花を決して手放さない…!!!


カナミはボンネットに飽きたのか!?

サイキに調整してもらえばいいんじゃない?

彼女はそれが好きだろ。


SAIKIが先にエプロンを投げる。

最後にKanamiがボンネットハットを投げ捨てた。

BAND-MAIDは徐々に「MAID」から「BAND」だけになっていくのだろうか?


↑ Band-Ex-Maid?


スーパーサイヤンミンチョ!!!


この映像見たときに思わず吹き出しちゃいました(笑)

コメントも気になってみてみると更に吹き出しちゃいました!!!

カナミさんご本人は「ヘッドドレスが落ちて来たからポイッとしちゃいました」とツイートしております。

出典:YouTube

【海外の反応】BAND-MAIDのほかの楽曲への反応をチェック
▶︎BAND-MAID全米ツアーでの海外ファンのリアクション[前半]2022
▶︎BAND-MAID全米ツアーでの海外ファンのリアクション[後半]2022
▶︎BAND-MAID「BABYMETALとは音楽性が全く違う!」After Life
▶︎BAND-MAID「カナミは一流のギタリストで作曲の才能もある」Different
▶︎BAND-MAID – Choose me「彼女らをKATEに起用した映画監督は天才だ!!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました