【海外の反応】BAND-MAID – YOLO「音楽の歴史的価値を提示した史上最高のバンド」

“おかえりなさいませ、ご主人さま、お姫さま”

米ロック・フェスである「Aftershock Festival 2022」にも出演。

国内外で大人気のメイド姿のハードロックバンド「バンドメイド」が2016年10月1日にYouTube上に公開した「YOLO」のMVへのリアクション。

過去のMVにはいまだに新しく聴くようになった海外の新規のファンからもたくさんのコメントが寄せられていました!

【海外の反応】BAND-MAID / YOLO (Official Music Video)


どの曲を作っても、その技量が発揮されていることに気づきます。

彼らはただのメイドではなく、音楽的な野獣なのです。


↑ 絶対的に美しいメイドでありながら、彼らは音楽的なビーストであることは否定できない。

彼らは本当に煽情的な技術を持ち、その素材は本当に見事な構成になっているんだ。

私も彼らの強さとパワーには驚かされるばかりだよ。

まさに異世界の魔法。


この曲にはとても感動しました。

2番の歌詞がいかに複雑でカナミがいろいろなものを演奏しているか?

でもそれは意味があり、ボーカルを邪魔することなくより豊かで魅力的なものにしています。

自分たちで曲を作ることに抵抗がないことをレーベルに示すために、彼女はとても意欲的だったに違いなく、それは本当にうまくいったと思います。

今日に至るまで彼らのベストソングの一つであり、ライブで演奏し続けることを切に願うよ。


↑ 私のトップソング。

当時の彼らはとてもピュアでした。

「Thrill」を聴いてからファンになり、その2週間後にこの曲を聴きました。

また、私は6つのライブのうち最初のライブを予約しました。

2016年のパリでした。


↑ まったくもって見事ですね。

カナミだけでなくミサも。

その絡みはとても意図的で厚みがある。

そして、その下でアカネがいつものようにやっている。

ピーク時の「At The Drive-In」を思い出させる。

バンドメイドの他の素晴らしい作品と比較しても、これはベストソングだと思います。

私のお気に入りの曲です。


↑ あなたが言った曲のハーモニー。

そして、その曲が伝えなければならない意味。

(それは私に多くの動機を与えてくれます)

「言葉」と「楽器」の両方では伝えられないものです。

(少なくとも私が聴いたものでは)

このようなバンドはかつてなく、Kanamiがギターでこのようなリフとソロを生み出すことは人間の創造性のピークだと思います。

(そんなことはないでしょうけど)

非人間的な才能。


↑ ミサの演奏に耳を傾けるのが精一杯だよ。


このバンドが大好きです!

今まで聴いた中で最高のバンド!

美しい声と完璧な演奏楽器。

サイキさん、最高に綺麗な歌声ですね!


歌波のギターソロはいつも笑顔にしてくれる。

Aftershock Festival 2022では10月9日に出演


数年間、J-Rockを85~90%、そして何よりもバンドメイドを聴いてきた私は日本以外の素晴らしいアーティストをたくさん聴いてきました。

そしてYOLOやAlone、The Non-Fiction Daysのような曲を再び聴くと、やはりこのバンドが世界でも非常に優れたロックバンドの一つであることを確信するのです。


↑ 彼らは確かに世界最高のハードロックバンドだ。


ソロも全体のインストもめちゃくちゃ燃えてました。

この子たちはとても大切な存在です。


↑ 彼らはただのバンドではありませんから。


↑ そうです。

とても重要なことですが、彼女たちはあらゆる面で一流なのです。


聴けば聴くほど彼女たちの才能には圧倒されるばかりだ。

そしてAkaneは本当に素晴らしいドラマーだ。

つまり、マジでキラーなんだ…!

デッドフォロワーのようなバンドフォロワーになる準備はほぼできているよ。


手首の動きに注目してください。

ほとんどの男性ドラマーは手首を使わないのですが、彼女はそうしなければならないのです。

よく聴いてみると、彼女は常にビートを少し遅れていることに気づきます。

これはジャズ的なセンスで、シンコペーションのような躍動感を生み出しているのですが、これも多くの男性ドラマーがやらない芸当です。

彼女の師匠にインタビューしてみたいですね。

きっと彼女は師匠の歴代最高生徒だったんでしょう。


↑ 右足がキラー。


↑ こんな風に(私の頭の中だけで)音楽を演奏するグループは聴いたことがありません。

これは音楽の歴史的価値を提示した史上最高のバンドだと思う。

男性でも女性でも、彼らは自分たちの音楽を知っている。


↑ BAND-MAIDには、HISTORICAL(歴史的)という言葉がぴったりですね。

LEGENDARY(伝説的)という言葉も合ってるかも。

「You Only Live Once(人生は一度きり)」


いやー…このバンドはすごい。

ベースのグルーヴ感、ドラマーのロールやフィル、単なるソロではなく曲の一部のように聞こえるギタリストのソロ、ボーカリストとバックボーカル、曲の構成はまさに完璧で素晴らしいです。

この曲のメロディラインの違いから、何曲か作ることができたのではないでしょうか。

私は9曲目を聴きましたが、彼女たちの才能は非現実的です。

彼女たちはどこにいたのでしょうか?

たった8年しか一緒に演奏してないのにこんなに良いなんて信じられない。

アルバムUnseen Worldを注文したんだけど、もっと古いアルバムも入れて欲しかったな…。

日本から買うと結構な値段になるんだよね。

今はYouTubeにあるものを楽しむしかないでしょう。

Band-Maidのおかげで久しぶりにロックを聴く気になったよ…本当に最高。


↑ 私はあなたが住んでいる場所を知らないが、あなたのAmazonの国で試してみてください。

輸送コスト的にはるかに安いかもしれません。


↑ 以前のものはアマゾンにあります。

スペシャルエディションはcdjapanで試せますが、輸送費と通行料がかかるので、値段は複数必要になってきます。

バンドメイド・プライムには素晴らしいコンテンツがあり、ウェブでチェックしてみてください。

いくつかのライブ演奏があり、私を信じて、それは価値があります。


BAND-MAIDは決して期待を裏切りません。

なぜか彼らの楽器の腕はリリースされるたびに上がり続けている。


バンド全体がとても高い技術を持っている。

特にドラマーが私の脳を溶かしている。


↑ 彼女は神レベルだ。


↑ 私は「Daydreaming」と「Bubble」と「Secret Maiko Lips」での彼女のドラムが大好きです。


これは主に新しいファンへのコメントです。

彼らの曲のほとんどすべての2番目の歌詞に注目してください。

そこにイースターエッグが隠されているのです。

MISA(ベース)のクレイジーなランやフィル。

Akane(ドラム)のパーカッションの体操。

Kanami(リードギター)のあらゆる複雑な、しかし隠れたパートを聴くことができるだろう。

彼らの曲はどれも耳で聴かないとわからないようなモノばかり。

そうでなくても驚くほどしっかりした曲なのに、それを分解してみるとその構成力の高さに驚かされる。


アーティストもどんどんライブができるようになってきましたね!

この期間にファンになって音源で我慢するしかなかった新しいファン達は全米ツアーを待ち望んでいたのではないでしょうか?

出典:YouTube

【海外の反応】BAND-MAIDのほかの楽曲への反応をチェック
▶︎BAND-MAID – influencer「もう全米ツアーが待ちきれないよ!!!」
▶︎BAND-MAID – REAL EXISTENCE「メイド服の女の子達がメタルをやってるなんて…」
▶︎BAND-MAID – Daydreaming「メイド姿に敬遠して聴かない人が可哀想だよ」
▶︎BAND-MAID – Warning!「トップレベルの実力派集団だ!!!」
▶︎BAND-MAID – Different「カナミは一流のギタリストで作曲の才能もある」

コメント

タイトルとURLをコピーしました