【海外の反応】BAND-MAID – alone「娘ができたらこのバンドを紹介するよ!」

“おかえりなさいませ、ご主人さま、お姫さま”

国内外で大人気のメイド姿のハードロックバンド「バンドメイド」が2016年2月14日にYouTube上に公開した「alone」のMV。

アルバム「Brand New MAID」に収録された曲で見た目(メイド)とのギャップ、演奏技術の高さなど国内外のファンがコメントしていました!

【海外の反応】BAND-MAID / alone (Official Music Video)


これは飽きないですね!

みんな素晴らしいミュージシャンだけど、アカネのドラムは本当に特別なんだ。


このバンドが世界的なチャートを席巻していないという事実(おそらく故意に、どんな理由であれ)はひどい音楽業界がどれほど世間とずれているかを示しているようなものだ。

彼らは素晴らしいソングライターでありミュージシャンであるだけでなく、悲しいことにほとんどの女性音楽タレントがほとんど常に要求される「典型的な無償のセックスアピール」をすることなく、すべてをやってのける。

皮肉なことにそれが彼らをより魅力的にしているのだと思う。

このバンドはまさに自分の娘に尊敬され、インスピレーションを受けてほしいと思うようなバンドなのです。

才能があり、規律正しく、創造的で、勤勉で、しかもそれをすべて自分たちの意思でやっている。

信じられないほど素晴らしいだけでなく、同時に偉大なロールモデルでもあるバンドを見つけるのは珍しいことです。


↑ まったくもって同感だね。

音楽業界は意図的に平凡で、そうすることで彼らは好きなだけ売って簡単にお金を稼ぐことができる…結局はただのビジネスなんだよ…。

音楽はファストフードになり、僕らにできることは、もっと複雑なことをやってみようと好奇心旺盛な人たちと良い曲を共有することだけだ。

この素晴らしいバンドをサポートし、彼らにふさわしい敬意と愛を与えましょう。


↑ しかし、彼らは完全にホットですね。


↑ すべて素晴らしい指摘です。

私の娘は彼らのサウンドが好きではないのですが、それは彼女の能力が、あなたの歌を聴いてすぐに歌詞を覚えてしまうことと。

その…単語を発音することができないからなのです。

私は、彼らの謙虚さが彼らの演技に反映されているところが好き。

とにかく私は最初の夜に彼らのビデオをいくつか見ただけで、即座に熱狂的なファンになった。

現在、彼女たちとの旅は続いている。


↑ アメリカの音楽業界はヒップホップばかりを気にしてる。

他の国にはたくさんのジャンルや素晴らしいバンドがあるのに…アメリカでは完全に締め出されていて、アメリカ人はそのことをまったく知らないんです。

それはほとんど犯罪的ですよ…。


最初のサビはいつも鳥肌が立ってしまうのはオレだけ???


この曲は私の人生を大きく変えました。

ギターソロに触発されてギターを手にしたんです。

そしてこの曲に触発されて曲を書くようになりました。

このバンドは私のインスピレーションの源であり、これからもそうであり続けるでしょう。

ミクとサイキの素晴らしいボーカルをいつも尊敬しています。

アカネのパワフルなドラミング。

ミサさんのベース。

カナミさんのシュレッド。

BAND-MAID、ありがとうございました。


↑ 彼らは素晴らしいロールモデルであり、好きなことを見つけたことを祝福します。


↑ バンドメイドを聴いて私も救われました。

だから彼女たちには全てに恩がある。

彼らは常に私のナンバーワンバンドです。

素晴らしい曲、素晴らしいMV。


↑ 今まで読んだ中で一番好きなコメントかもしれない。

アカネさんのドラムの技術に驚愕


彼女たちは本当に素晴らしい。

何でもかんでもいつも敢行する。

この「alone」のライブイントロは全く予想外でした。

彼女たちの創意工夫は毎回私たちをノックダウンしてくれます。

バンドメイドは、私が最も好きなロックバンドです。


ミサが4弦ベースを弾き、アカネが小さな帽子をかぶっている時、あなたは古代の時代にいることを知るでしょう。

バンドメイドの音楽ではこの時代が一番好きで、ここ数枚のアルバムは音楽的に古いものほどエキサイティングだとは思わないが、それでも彼らはハードにロックしているし、彼らが自分たちや他の誰かの真似をせず、境界を押し広げ続けることも理解している。


↑ 私も初期の曲の方が好きかな。


↑ もう1、2枚のアルバムでピークに達したと思いますが、この曲は今でも私のお気に入り。

とはいえ、彼らは今でも素晴らしい曲を作っている。

全体的には2016-2018が一番好きな音作りだったと思います。


↑「Thrill」を聴くようになったんだ。

今は逆に彼らの作品を全部聴いているんだ。

今のところどの曲も飽きない。

できればもっと早く出会いたかったよ。


最近知ったばかりだけど彼らはとても素晴らしいです。

Tシャツを手に入れましたよ。

いつかライブを見るのが待ちきれないよ。

彼女たちは別の次元にいる。

大好きだ!


アカネのアタックは素晴らしくとても正確で…。

何より素晴らしいのは多くのドラマーがフィルを演奏するときに行うような「リムをクリックする」ことがないことです。

すべてが正確で均一なのです。

多くのドラマーは片手を使うのでフィルを演奏するときにも片手を使うとビートがバラバラになるのですが、メトロノーム(AKANE)さんは均一なストロークでそれを見事に表現しています。

私は彼女を多くの男性ドラマーよりも優れたトップ女性ドラマーのカテゴリーに入れたいと思う。

とにかく彼女は私の中でロックドラマーとして5本の指に入る存在であり、それは本当に厳しい競争相手との戦いでもあるのです。

このバンドは私が53年間ロックンロールを聴き、ドラムを叩いてきた中で、最も完璧で、尻を蹴るようなロックンロールを聴かせてくれるバンドです。

この素晴らしい女性たちについては、本当に言葉では言い尽くせないほどで、今後ますます良くなっていくでしょうね。

彼女たちに会うことは、私のバケットリストの中に入っていることは確か。


↑ アカネの聴きどころは、足元のダイナミックなコントロール

その点ではボンゾとジョー・モレロだけが彼女の競争相手だ。


↑ ローランドのマルチプライヤーを使うことで、多くのドラマーが苦手とするツインキッカーでは不可能な、正確で均質なダブルバスドラムのビートを実現しているのです。

ギタリストと同じようにドラマーも一概に比較はできませんが、アカネはドラムの為に生まれたような存在で、素晴らしい天賦の才能を持っています。

ドラムは誰でも叩けるけどリズムやタイミングが取れているかどうか。

その点、アカネは全く苦労せず技術的に限界のあるドラマーがいる中で、それを見事に表現しています。

アカネはこれからもっとうまくなるし、そのために自分を追い込む必要もない。

私は彼女と一緒に座って彼女が影響を受けたものやテクニックについて話し合いたいのですが、それまではただ聞いているだけで幸せです。


↑ アカネはとてもカラフルな女の子ドラマーで、曲の構成のアイディアをドラムで生み出すのがとても上手で、曲を際立たせるパートを強化する方法を知っていて、とても美味しいドラムプレイをします


今朝、このバンドを見つけました…。

そして、私の心の中に永久に残ることを悟った。


Kanamiは今までで一番いい音を出すギタリストなんだが。


「Sense」以来、彼らの曲をブラウズしていたらこの逸品に出会いました。

大好きです。

バンドメイドの最高傑作の1つ。

とても良いんだ!!!


自分の娘のお手本になって欲しい…気持ちはなんとなくわかりますね!

才能もあるとは思いますが練習の賜物でしょうからね。

出典:YouTube

【海外の反応】BAND-MAIDのほかの楽曲への反応をチェック
▶︎BAND-MAID – DICE「ロックの未来は日本のガールズバンドに託された…」
▶︎BAND-MAID – influence「もう全米ツアーが待ちきれないよ!!!」
▶︎BAND-MAID – Choose me「彼女らをKATEに起用した映画監督は天才だ!!!」
▶︎BAND-MAID – Daydreaming「メイド姿に敬遠して聴かない人が可哀想だよ」
▶︎BAND-MAID – Sense「プラチナエンドファンの皆さん、ようこそMaidiacへ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました