【海外の反応】切腹ピストルズがNYへ上陸。日本の和楽器集団が大演奏。

日本の和楽器集団である切腹ピストルズ(江戸一番隊)が国外で演奏した動画についてのコメントをまとめてみました。

「まるでパンクのような演奏」ですが洗練された音色は独特なサウンド。

また商業的な活動でもなく日本人としてのアイデンティティーを表現する様は圧巻です。

【海外の反応】切腹ピストルズ@タイムズスクエア

こちらはニューヨークのタイムズスクエアのど真ん中で演奏した時の映像です。


私はこういった音楽が大好き。

ポーランドから日本へご挨拶と敬意を。


日本の伝統的なものが好きなのですが、ブラジルでやってくれないかなぁ。


これはすごいな!音楽に対するエネルギーと誇りが溢れているよ。


信じられないほど感動的な光景だね!

心の中に喜びが湧き上がるね、どの国の文化も好きだ!美しさが輝いている。


最後の方の人が「ドラム音が重くて、地面から聞こえてくるような音だ」と表現していた時、私も同じことを思った。

和太鼓はいつも雷の力強い轟音のように聞こえるんだ。


ワォ、すごい盛り上がりだ!すごいエネルギーの流れだ!

大好きだ。

ビデオを通してダイレクトに感じたよ。


美しく、エキサイティングで新しいの部族の歴史を知ることができました。


これは良くない!!!

「我々は強い日本の残党だ!」って言ってるところに寒気がするよ。


この素晴らしい音は人間の眠っているスピリットを覚醒させるね。

私たちの魂の糧を与えてくれてありがとう。


コイツらすげーな!!!


私の新しいお気に入りの日本のバンドだよ。


癒し系でありながら、臨戦態勢にも見えるな。


是非イタリアに来て日本人の心意気を見せつけてよ。


グルーヴィーでスウィング!

トラディショナルとモダンのすごい融合。


エネルギー、周波数、振動…目に見えないものほど…。


↑ 強力な効果を発揮するブレンドだね。


ジャパニーズロック!!!私の筋トレBGMさ。


ニューヨークのタイムズクエアーを盛り上げてるね。


よし、今だ。

「切腹ピストルズ」日本の伝統的なPUNKバンドでその名が全てを物語っている。

古い日本と新しい特別なカスタムの組み合わせで古代の古い日本を模倣してるんだ。太鼓の音、叫び声、鼻歌…とにかくヴァイブスを感じてほしい。

これはフラッシュモブなのだろうか?それとも演出なの?
台湾からこんにちは!!!

コロナウイルス大流行の時にこの映像を見ると旅に出たいウズウズ感が和らぎますね!
見事なまでの男らしさ!汗だく!男性ホルモン多め!?体中の血が騒ぐのぜ!!!


これを見てると闘志が湧いてくるよ。


とてつもなく良い、私はどうしてここに行き着いたのか分からないが非常に良い。


素晴らしい、魂に響く…ありがとう。


すごく悪そうな顔をしているね🔥🔥🔥


私達はこのグルーヴの為に生まれてきたのだ。


すごいな、イギリスにきてくれよ!


このドラムのビートが好きです。


ビデオ撮影の技術についても学ぶべきことがたくさんありますね。

ありがとうございました。


「愛しています」エジプトから日本へ


美しい人たち、美しい家族、美しい世界、私たちみんな一つなんだ。


これは狂気の沙汰だよ。


世界のパンクスたちよ、UNITE!


コロナウイルスのせいで中々海外での演奏ができない状況ですが、こういう映像を観ると元気が出るし、もっとこういった光景を目の当たりにしたいですね。

民謡クルセイダーズの「民謡×クンビア」というジャンル。The Weekendが亜蘭知子をカバー「Out of Time」Reol(れをる)”煽げや尊し” Music Video「夏にピッタリだ」

【海外の反応】切腹ピストルズがパンクアイランドへ上陸。

こちらはNYの「PUNK ISLAND」での映像の様子。

「パンクミュージック」としてなのか?「パンク精神」なのか?「それとはまた別の何か」なのかわかりませんが人種などに関わらず一つになっていますね。


このショーであなたたちに会えたことは私の人生の中で最も素晴らしいことの一つ。

エネルギーは信じられないほどだったよ。

またすぐにニューヨークに来て!


エグいなぁ、ぜひ生でみたかったよ。


まともな演奏を見れてうれしい。

古いパンク好きからすると、君たちは最高だよ。


パンクなら世界中どこへ行っても、たとえ言葉が通じなくても現地のパンクに会えばすぐに家族として扱われる…少なくとも僕はそう思っているんだ。


このクレイジーな海賊たちはネットで調べたら存在するのでしょうか?

彼らがいつ地元に来るのか知りたい!


美しいなぁ…ヨーロッパにはいつ来るんだい?


この音楽は一体なんだ!?めちゃくちゃ良いじゃん!!!


こんだけひっちゃかめっちゃかにみんなと自由に暴れたら楽しいでしょうね。

やはり音楽は言葉が通じる必要がないというのが魅力の一つだと改めて考えさせられます。

出典:YouTube

コメント

  1. honyaku より:

    他に好きな和楽器バンドがあれば教えて下さい!

タイトルとURLをコピーしました